クロスステッチのティクロワ

青い小鳥・パネル仕立て01

01

02

03

01
●青い小鳥・パネル仕立て
仕上がりサイズ/W100×H90(mm)
青い小鳥はクロスステッチとバックステッチで刺繍しました。
初心者の方にもお楽しみいただけるように刺繍専用の布と25番の糸を
使っています。糸と布はお好きな色を選び、小さなパネルに仕立てて
飾ってくださいね。
カジュアルにいろいろな場所にピンナップできるのが
パネル仕立ての楽しいところです。
02
●材料
刺繍布:コスモ3800ジャバクロス細目/W160×H120(mm)
刺繍糸:DMC597/DMC746/DMC728 3本取り
クロスステッチ針:22〜23番
イラストボード(厚み2.5mm)/W100×H90(mm)
裏用紙(クラフト紙・和紙など)/W94×H84(mm)
リボン/140mm
シルクピン/木工用ボンド
裁縫道具(はさみ、しつけ糸、縫糸、ものさし、アイロンなど)
文房具(カッター、カッター台)
03
ステッチチャート(カラー)

04

05

06

04
ステッチチャート(白黒)
クロスステッチがはじめての方はひきだし1 の「クロスステッチのススメ」
「ティクロワ☆tip☆ 」を参考になさってください。
05
クロスステッチの前に布のまわりにしつけ糸でほつれ止めをします。
また、布の中心と上下がわかるようにマークしておきましょう。
これがクロスステッチをはじめる前の下準備です。
06
ステッチチャートの青い矢印(中心)からステッチをはじめます。
布とチャートを180度回転させて小鳥の顔からはじめます。
まず、左から右へ、横にステッチを進めます。
布1目に1つのクロスを作りますが、はじめに左下から右上へ8目
ハーフステッチをします。
(少し残してある最初の糸は後で裏側で始末します)

07

08

09

07
次に右下から左上へ8目ハーフステッチをしながら戻ってきます。
これで最初の8目のクロスステッチの完成です。
08
同じ要領で進め、小鳥の顔のクロスステッチが終りました。
09
糸が短くなったり、次の色に変えたい時は裏側のできあがったステッチ3~5目に糸を
くぐらせてから切ります。表にひびくので玉止めは作りません。

10

11

12

10
最初の糸も5と同様に裏側で始末します。
11
ステッチと糸の始末を繰り返し、小鳥のクロスステッチができました。
12
クロスステッチの裏側はこのように糸が直線になります。

13

14

15

13
くちばしに加えた葉の茎はバックステッチです。
バックステッチは半返し縫いと同じ要領のステッチです。
バックステッチはひきだし1 の「いろいろステッチ」の
●ステッチバリエーション(11月shop編 )3 もご参考にどうぞ☆
14
バックステッチ5目ができました(左)。裏側(右)。
15
青い小鳥のクロスステッチが完成しました。
裏からアイロンをかけておきます。