クロスステッチのティクロワ

青い小鳥・パネル仕立て 02

16

17

18

16
イラストボードの4辺の中心にマークをつけます。
17
チャート通りに布目をカウントして4辺の中心にしつけ糸でマークします。
18
イラストボードのマークと布につけたマークをぴったり合わせ、
ボードの小口(へり)にピンをうっていきます。
(太い待ち針は不向きです。洋裁用のシルクピンをご使用ください)

19

20

21

19
上の小口の中心にうったら、次は下の小口の中心へという具合に
ピンは必ず対角にうってください。
20
布がゆがまないように引っぱりながら形を整えて次々にピンをうちます。
21
ピンの本数はできるだけ多い方がきちんと貼れます。
裏に向けたらコーナーの布の合わせ目をまつります。

22

23

24

22
コーナーの始末が終ったら、竹串や使い古しの筆を使い
布とイラストボードの隙間にボンドを塗り、貼り合わせます。
23
コーナーをしっかり縫い合わせた布とパネルの裏側全体、
さらに裏用紙にもボンドを塗り、リボンをはさんで貼り合わせます。
24
ボンドがだいたい乾いたら、ピンをうったままクリアホルダーなどにはさんで
重石(厚い本など)を上に乗せて3日〜7日間寝かせます。

ピンをはずしたら、「青い小鳥・パネル仕立て」の完成です。
※パネル仕立ての時にシルクピンは小口に垂直に刺しましょう。
斜めに刺すとパネルの表や裏にピンがはみ出してきちんと仕上げられません。
ピンをうつ作業は時間をかけてゆっくり進めてください。
※ブログでもリネンのボ−ド貼りでSAJOUのキットを使いシルクピンの打ち方を説明しています。
こちらのページもご参考にどうぞ!